非正規雇用に関連する法律の改正により、派遣の待遇は改善されつつありますが、生き残りを考える必要はありそうです。

派遣から正社員になる評価を貰いました
派遣から正社員になる評価を貰いました

派遣社員の生き残り方法

平成24年10月より、派遣労働者に対する保護とその雇用を安定させる目的で、労働者派遣法の改正が行われました。また2015年の4月に、さらに改正が行われ、派遣労働者をはじめとする非正規雇用者の待遇は少しずつ改善されていく方向に進んでいることは間違いありません。特に2015年の改正では、専門26業務と、それ以外の一般的業務とに分けていた区分を撤廃することになりました。現在では、専門26業務については、期間についての制限がありませんが、一般的な業務については同じ派遣先であっても3年間までしか働けません。

その見直しが実施され、業務を問わず派遣期間を最長3年間に統一することになりました。専門職の方にとっては、これまでなかった制限が追加されたので不利な面もありますが、逆に派遣社員も企業側も3年後とにそれぞれの状況を見直す機会が設けられたと考えることもできます。結局のところ非正規雇用であるという点が変わらない限り、雇われる派遣社員側は、自分たちが正社員とは違う、いわば独立事業主と同じような側面を持っていることを理解しておくことも大切でしょう。

逆にそこはクールに割り切って、常に仕事を探し続けていくような意識が必要になってくると思います。派遣会社についても、複数の派遣会社に登録して、自分のレベルアップにつながる仕事がないか情報を収集し続けるのも良いでしょう。また登録するだけで、スキルアップのための講座や各種サービスを受けることができる派遣会社も多いので、そういったものもどんどん利用していくことも大切です。

このページもチェック!

Copyright (C)2017派遣から正社員になる評価を貰いました.All rights reserved.